03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ショコラ」

犬の名前ではありません(あしからず)

2000年に公開された ジュリエット・ビノシュ主演のアメリカ映画です

(舞台はフランス、っていうことなんですけれどね


もし、今、一番好きな映画は?

と問われたら、真っ先にこの映画を挙げますね 

それくらい、大好きな映画です


物語は、ざっくりと紹介すると

ジュリエットさんが演じる主人公が、娘を連れて、ある町へやってくる

その町は戒律の厳しい町で、異端者をまったく受け付けないという空気がある

主人公は、その町で、ショコラの店を始める

ミサにも出ず、断食期間()にショコラの店を始めた主人公を

町の統括者であるレノ伯爵は異端者として、敵視する

しかし、彼女の父が見出したカカオの効能を生かしたショコラは、

戒律に縛られて精神の自由を奪われていた町の人々の心を

次第に、開放していく・・・


というお話です


印象的なのは、夫に虐げられ、つい、人のものを掏り取ってしまう女性を

主人公が優しく受け入れるところかな

ショコラの代金を支払う、と言って盗品を差し出すその女性を

主人公は知っていて、決して責めないのね

その女性が、店を手伝うことによって、

生き生きと生まれ変わる姿が、本当に感動的なのです


それから、自分の好きなように振舞うことで、異端視されている

主人公の大家である、老齢の女性

ちょっと頑固なその女性とも、主人公は、自然に友達になっていく


芯は強いけれど、柔軟で優しい心の持ち主の主人公は、とっても魅力的です

あの優しさ、あの笑顔 さりげなく人を慰め癒し、励ますその姿

本当に憧れてしまいます

顔やスタイルでは、とてもかなわないけれど、

せめて、性格だけは、あの主人公のような人になりたいなあ、

なんて心から思います


そして、薬のように、心の傷を癒していくショコラ

そんなショコラを食べて、幸せになっていく人たち

う~ん、いいなあ・・・ 出てくるショコラはみんな美味しそうだし

吹き出物出まくりになってもいいから、思い切り食べてみたい・・・



あ、そういえば、私の好きなジョニー・デップさんも出ていますが

この映画では、脇役に徹していますね

役によって、顔も演技も雰囲気も変わる、カメレオン俳優のデップさん

抑えた演技のジプシー役、かなり素敵です


テレビで放映されたら、何度でも必ず見てしまう映画です

まだ、ごらんになっていない方がいましたら、

だまされたと思って、一度見てみてください



ほろりと泣けて、そして心が温かくなって幸せになれる映画です


(そして、チョコを買いに行きたくなるよね~





スポンサーサイト

「クローズド・ノート」

近くのレンタルビデオ屋で

「旧作100円」というのをやっていたので

前から見たいと思っていた

「クローズド・ノート」 借りてきました


これ、たしか、あの沢尻エリカさんが、

別に」っていう発言で話題になったんでしたよね


とてもいい作品だったので、あんなことで話題になってしまったのが

とても残念だと思いました


ストーリー的には、予想したとおりの展開で、

(ああ、やっぱりな、)と思ったのですが

見終わった後、素直に感動できて、優しい気持ちになれる

いいお話だったと思います


沢尻さんもねー、

恋に一途な、愛らしい女性を演じていてすごく好感がもてたんだけれど

あの会見での態度は、女優としても、大人の女性としても

失格だったと思います


でもまあ、それは忘れて、見てみる価値はあると思います

ストーリーについてはあえて語りません

見ていただければ、たぶん、あなたが想像していたような展開に

奇をてらわず、ありがちだけど、予定調和で安心させてくれるというか



私の好きな、竹内結子さんも出ているのですが・・・


あのー・・・こういう言い方すると気を悪くする方もいるかと思いますが

あえて言います


どんな役をやっても、いつでもどこでも「木村拓哉」なのと同じくらい

どんな役をやっても、「竹内結子」なんですね



映画三昧

映画館にはなかなか行けないけれど、

せっかく契約しているケーブルテレビには、映画チャンネルが沢山あるので

これを観ない手はないよね ってことで、

最近、よく観ています(テレビも前より大きくなったしね



昨夜は、米映画「S.W.A.T」を観ました

昔、このシリーズを テレビで放映していたそうで

私は興味なくて観ていなかったけれど、妹が観ていたらしく、

「S.W.A.T」は、面白い、なんて言っていたっけ


2003年に映画化されて、この宣伝も見たことあったけれど、

あまり興味なかったなあ



でも、結論、面白かったです

テンポが良くて、飽きさせない展開で、スリリングで


何があっても、主人公は絶対死なないし、どんなピンチも乗り越えられる

・・・ってわかっているから、安心して見てられるし

いいよねえ~ アメリカ映画は、ストレス解消になるよね




でも、多感な女子中高校生の頃の私は、そんなアメリカ映画を好きになれなくて

「そんな、うまいことあるわけないじゃない

っていつも思っていたひねくれ少女だったわけです

「ま~ったく、単純よね~アメリカ人って

て、よく言ってましたね



最後は決してハッピーエンドにならないヨーロッパ映画のほうが

芸術的だし、格が上だと思ってました

ですから、「道」とか「ひまわり」とか 悲しい結末の話が好きでしたね



でも、歳のせいですかねえ~

それとも、現実逃避に走りたいからか

最後は、うまいこと問題解決して、ハッピーエンド


というアメリカ映画、だ~い好きになりました



ところで、今日は、途中からですが、懐かしい「ひまわり」を観ました

ヴィットリア・デ・シーカ監督、マルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン主演の

イタリア映画です

ヘンリー・マンシー二のテーマ曲は、とても美しく悲しい曲で、大好きでした


途中から観たので、確認できなかったけれど、昔観たとき、

広大なひまわり畑の中を ソフィア・ローレンさんが歩くシーンがあったような

それが、最後のシーンだと思っていたのですが、

あらためて見直したら、違っていましたね

「道」もそうですが、見たことがあって、覚えていると思っていても

実際は 忘れていることが多いのですね


あ、話は逸れますが、このときのソフィア・ローレンさんて

安藤美姫さんに似ているなあ~って思った(あ、逆か


というわけで、途中から観たのに、ぽろぽろ泣いて

それが終わってすぐに チャンネル変えて、

「ブレイド」観たんだよね~(ヴァンパイア退治の話です


これも途中からですが、こっちの方は、最近観たし、何度も観ているし

で、何度観ても、面白いわーなんて思いながら

派手でかっこいいアクション、堪能しました


いや~いいわあ、アメリカ映画は

すかっ とするもんねえ



現実は厳しくて、ハッピーエンドなんて滅多にないと思うし

だから、せめて虚構の世界では、うまいこと行って

「やった~」なんて思いたい、小市民な私です










バイオハザードⅢ

金曜日に、新宿バルト9の、マチネ上映で観てきました


基本的に映画館にはあまり行かないのですが、(高いし

これは、Ⅱも映画館で観たけれど、やっぱり大画面で見るべきだと

思ったので


バルト9は、座席もゆったりしていて、

どこからでも見やすい構造になっているし、音響も良いし、

トイレの数も多くて綺麗だし、気に入っています

レデース・デイがないのが残念なのですが、平日の15:30~18:

00の間に開始される映画は「シネマチネ」と言って、1200円で

鑑賞できるのです


前作の「バイオハザードⅡ」は、レンタルでも何度も観ましたが

いわゆる「ゾンビ物」?の中では、一番好きな作品です

(ゾンビ好きではありません、念のため)

ミラ・ジョヴォヴィッチさん演じる主役の「アリス」が

とても魅力的なのです


人体実験に利用され、望まない力を持つことになったアリスが、

人類を救済するための闘いに巻き込まれていく・・・

もはや人間とは言えないような、恐るべき力を得てしまったけれど、

怒りや、悲しみや、愛の感情を変わらずに持ち続けているアリス


残酷な宿命を背負ってしまったアリスが、涙を流すシーン、

今回、多かったなあ・・・見ていて切なくなりました


「アリス、砂漠に死す」というコピーを見ていたので、

死んでしまうのかなあ・・・と思っていましたが


大丈夫!  死にませんでした

ネタバレだから、これ以上書いてはだめよね~


アリス絶対絶命  

の危機を救ったのは、アリス


・・・って、ここまでしか書けないわ~残念


このシリーズ、三作続けて劇場で見てみたいなあ

疲れると思うけれど


でも、見ると元気になれるんです

たとえ、どんなにつらいことがあったとしてもね、

ゾンビに取り巻かれて、喰われてしまうより、

なんぼかマシだと思うのね


見終わって帰るとき、アリスのように、しっかりと地面を踏みしめて

ざん、ざん、と歩きたくなるのです


汚染された地球が、もとの姿に戻ることはたぶん、ない

決して、明るい未来はない

でも、諦めずに、現実と運命に立ち向かっていくアリスは、

神々しいまでに美しいです


恐いから、観ない、と思っている人、

勇気を出して観てみてください

元気が出ます!

お奨めです





さすが大作ですな~

今、ケーブルテレビの「ムービープラス」で、

ノーカット版の「ロード・オブ・ザ・リング」を放映しています


今になって、やっとまともに観ることができました

3時間以上の大作なんですね~

こういうお話だったのか~と、今更、納得


ちゃんと観ると、面白い

すごくお金がかかっているなあ~CGもすごいし

金髪エルフのオーランド・ブルームさんが、素敵です


来週が完結編 楽しみだなあ(すごく遅れてるよね


PICT0004yuki0708121.jpg


  かーちゃん、テレビばっかり見てないで、早くごはん!

と、うちの神様





プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。