07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロメオとジュリエット」

高橋クンのFSでの使用曲

チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」


CDを買って聴き込むうちに、どうしても生演奏で聴いてみたい!

と思ったのでした


なので、東京オペラの森2008~チャイコフスキーとその時代~

「オーケストラ公演」で「ロメオとジュリエット」を演奏してくれると知り、

喜び勇んで、チケットを取ったのでした


しかし、19日土曜日の公演の三日前に、イープラスから、

プログラム変更のメールが届きました


詳細はこうです

※変更前

 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第一番 変ロ短調 op.23

 チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」

 チャイコフスキー:組曲 第一番 ニ短調 op.43

※変更後

 プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第2番 ト単調 op.16

 チャイコフスキー:交響曲 第6番 ロ短調 op.74「悲愴」


ショックでした


当日になって変更を知った人も多かったらしく、

張り出してあった告知の前でかなり騒然としていました


変更の理由は、ピアニスト ユンディ・リ の 準備不足


これって、どうなんでしょ

やる、と言って、チケット売っておいて、「できませんでした」なんて、

プロとしての、自覚と責任はどうなってるの


結局、彼が得意?としていたプロコフィエフを弾いたわけなんですが

確かに・・・才能のある人だということは、素人目にもわかります

四階の席から、彼の指の動きがよく見えました

確かに、超絶的な技巧、と言われるだけの動きでした

技術的にも素晴らしい演奏だったと思います


でも・・・

私、あんまりあの演奏スタイル、好きじゃない

特に、高い位置から、鍵盤を叩く時の、あの時の感じが

うまく言えないけれど、なんて言うのかな、

ちょっと高圧的、というか、乱暴な感じで・・・

「あれ?」って感じたのでした

以前、マイケル・ナイマンさんとか、他のピアニストの演奏を

見に行ったことがあったけれど


そういう、違和感を感じたのは、今回が初めてでした

彼は、チャイコフスキーを初めて演奏する予定だったそうですが

う~ん、なんかね~チャイコフスキーをやるには、

まだ、早いんじゃないですかね・・・ 実際、間に合わなかったんだし

とてもみごとな演奏でしたが・・・あまり感動できませんでした



さて、ユンディ・リ が引っ込んで、

引き続き、

指揮:ミヒャエル・ボーダー

演奏:東京オペラの森管弦楽団 による

「悲愴」が始まりました


これがね~すご~く、良かったんです

曲が盛り上がるところで、指揮者と演奏者たちが一体になって、

すごく息の合った動きをするのね

もう、見ているだけで引き込まれてしまいました

素晴らしい演奏でした~迫力もあったし、

感動、感動、大感動でした


楽しみにしていた、チャイコフスキーのピアノ協奏曲も

「ロメオとジュリエット」も、聴くことはできなかったけれど、

あの「悲愴」を聴くことができて、よかったと思いました


また、機会があったら、今度こそ、

「ロメオとジュリエット」を生で聴いてみたいです





スポンサーサイト

あっきーへ

ファンクラブ会員限定の

あっきー(中川晃教クン)からのサンデーメール

内容公開しちゃいけないけれど


「ところで女の子って呼び方、

 一体いくつくらいまでの女性につかうのが適しているの???」



いい歳した、女性蔑視のアホな男性の言葉なら許さないけれど、

あっきーになら、こうお返事したいな


   誰でもきっと、基本的には、

   安易に「女のコ」なんて言って欲しくはないと思うよ     


   でも、女にはね

   いくつになっても(たとえ、どんなおばあさんになっても)

   心の中の鳥かごに、小さな女の子が住んでいるんだよ 



   
   そのことを、あなたには、

   知っていてほしいような気がする 





  

サラ・ブライトマン「DIVA」

新聞の広告で見て、少し前から気になっていた、

サラ・ブライトマン「DIVA」のCD


097.jpg



実は、ほとんど知らないのですが、どうしても聴いてみたくて、

HMVで試聴してみました


最初の「オペラ座の怪人」を聴いて、即、購入決定


以前、ソプラノというのが苦手でした

「有り得ない高音」というのについていけなくて


でも、そんな偏見?が覆ったのは、

昨年の映画「オペラ座の怪人」を見てからです

美しいソプラノ、というものを痛烈に実感しました


このアルバムにも、まさにその、美しいソプラノ が

ふんだんに盛り込まれています


映画「タイタニック」の宣伝でよく流れていた、あの有名な曲も、

この人だったのですね

ああ、これ聴いたことあるある、と思いながら、

一気に聴きました


美しくて、かっこいい曲ばかりのベストアルバムです

   
   はいちゃんこは、何かというといつも

   「かっこいい!」を連発するので、ボキャ貧か、

   と思うでしょうが、

   (・・・否定しませんけれど


   本当に、かっこいいんです!

   一度、聴いてみてください!!



   久々に、感動のアルバムでしたわ~

あっきー披露宴IN椿山荘

ついに、行ってまいりました!

   中川晃教披露宴IN椿山荘

あっきーの新しいファンクラブのお披露目の日です

061014_125452.jpg


会場は、PLAZA 5階の「オリオン」

12時20分頃に着いたのですが、(開場は13時)

会場前は、すでに青いドレスの人たちで溢れておりました 



さて、今回のスケジュール、ちょっと忙しいのです

開場から開宴まで、30分しかありません

はっきり言って、この30分の間に食事しておかないと、

始まったら、食べている時間は、たぶん、ない


お料理はビュッフェなので、予想通り、長蛇の列です

どんなメニューがあるのか、ほとんど見れませんでした

最初で最後に並んだ列で、お皿に取れるだけ取って・・・

   
   料理は、さすがに美味しかったです

   DSのときより、断然、良かった 


予定より、10分くらい遅れて、開宴

登場したあっきーは、黄色っぽい丈の短いニットを羽織り、

足にぴったりした、黒いパンツ姿


まずは、ピアノを弾きながら、新曲を二曲、

ファンのリクエストから一曲を披露しました


コンサートの映像を映したり、サプライズでは

じゃんけんに勝ち抜いたファンの一人が、

ウエディング姿で登場したり、

あっきーのちょっと面白いトークを交えながら、

何とか、スケジュール通りに進行



私的には、一番印象深かったのが

キャンドルサービスでした


あっきーが円卓の中心に置いてあるキャンドルに

次々に火を灯していくのですが

各テーブルで、あっきーと乾杯しているのを見て、

私たちも実践することに



そして、何と、私が、あっきーにグラスを渡すことに


予想通り、あっきーは、私の隣に来て、ローソクに火を灯します

みんな、気が早くて、もう乾杯のエール

 
  待って
  
  あっきー、まだ火をつけているところだってば


火が点いたところで、急いでグラスを渡しました

再度、みんなでグラスを掲げて、乾杯


隣に来たあっきーはちょっと汗だく(無理ないよね

でも、ほんわり、いい匂いがしました  

それに、すごい、華奢~~

ちいちゃくて、可愛い



   でも、すぐ隣にいたというのに、焦っていて、

   感激しているゆとりもありませんでした



最後に、あっきーが、

独立して、新しいファンクラブを作ることになったいきさつを

説明してくれました


私たちファンのことを一番に考えてくれて、

下した決断だったのですね

聞きながら、涙が出てきました



     あっきー

     本当にありがとう

     楽しい時間でした

     これからも、応援していきますから

     頑張ってくださいね!!





続・あっきーの披露宴 

あっきーからのサンデーメール

「ドレスコード青」

について、やっぱりいろいろクレームあったのかな


そりゃ、最初は、私もとまどいましたよ

青い服持ってないし、他に青いものないかと探しても、

ないとなると、ほんとにないもので


でもね、あっきーの言うとおり、誰かのために

着ていく服とか考えるのって、結構、楽しいものです

ま、私にとっては、最近、お洒落してどこかへ出かける、

ということ自体、滅多にないことだったので・・・


青い服を探して店を歩いたり、美容院へ行ったりするの、

何だか、とっても楽しかったのです


あっきーもファンクラブのスタッフも、楽しいイベントにしようと、

いろいろ考えてくれているわけでしょう

本当に、ここまでしてくれるファンクラブって、

あまりないんじゃないかな~


私たちは、主催者ではなく、ご招待されているわけですから、

細かいことをあれこれ気にするより、

いったい何を見せてもらえるのかしら、と期待しながら、

楽しみに参加しましょうよ


リクエストは間に合わなかったけれど

あっきーへの質問

何にしようかな~と思案中です





プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。