03
1
3
4
6
7
8
9
12
14
15
16
17
18
20
22
24
25
26
27
28
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ですね~

沈丁花の香で、春の訪れを実感するのですが、
あくせくと日々を過ごすうちに、桜も咲いてしまいました。

映画「陰陽師」の阿部清明みたいに、座敷から
庭の桜を眺めながら、一杯、というのが理想ですが、
都会に住んでいる、しがないOLには、縁のない話です。

今、4月~7月に行くコンサートやミュージカルのチケットが
着々と届いています。
そんな先のことなんて・・・と言いながらも、
チケットを眺めながら、行く日を楽しみに待つ、というのも、
ささやかな幸せなのだなあ・・・

最近のはまりもの


060326_191406.jpg


「白くま」のアイスクリーム

友人が食べているのを見たときは、
あまり、惹かれませんでしたが、
試しに、一個買ってから、はまりました(笑)

安くて美味(うちのディスカウントショップで69円!)
ハーゲンダッツが大好きなのですが、あれは
お高いので、そういつも買うことはできません。
(セールのときだけに、まとめ買い)

うちのゆきも大好きで、私が食べた後、
きれいになめてくれます。

そんなことでも、ささやかな幸せだと思う、
今日この頃です。









スポンサーサイト

ゆきがいるから・・・

ゆきとの暮らしも、今年で11年目になります。

11年!

あっというまです(しみじみ・・・)

親ばかですが、ゆきは、掌サイズの頃に拾ったときから、

可愛い、美しい猫でした。

さすがに、全盛期の美貌に比べれば、今はいささか、

翳りがありますが、

それでも、まだまだいけます!


PICT0004yuki03219.jpg


この頃は、もの思う猫、・・・という風情が似合ってきましたが


PICT0011yuki03212.jpg


まだまだ、元気!
お気に入りのソファに駆け上り


PICT0010yuki03211.jpg


はっきり言って、このソファは通路

PICT0012yuki03213.jpg


棚に飛び乗って

PICT0014yuki03214.jpg


何見てるの?
その壁のぼろぼろは、あんたの仕業でしょ!

続きを読む

タイガー&ドラゴン「三枚起請」の回

というDVDを借りてきました。

以前「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」
を貸してくれた知り合いから、また借りたのです。

その人は、「クドカン」(宮藤官九郎)を語らせると
長くなる人で(笑)
で、その人に言わせると、「クドカンは、監督するより、
脚本のほうがいい!」のだそうな。

ご存知の方は多いでしょうが、(私はよう知りませんでした)
これは脚本が、クドカン。
長瀬智也と岡田准一主演の・・・映画ではなくて、
テレビで放映されたものらしい(よく知らん

知り合いは、岡田クンは好きだが、長瀬クンは
あまり好きではないと言っていました。

私も、実はそうでした~
背が高くてイケメンだけど、役者としてはどうかな~
と思ってまして。

でも、結論。
意外にも、よかったです。
不器用だけど、どこか人が良くて、ちょっとお間抜けな
やくざの役が、妙にはまっていました。

岡田クンは、私的には「木更津・・・」のぶっさんより
受け入れやすい感じでした。
う~ん、わりとお笑い苦手なんです。
ギャグが強烈すぎると、笑えないタチで・・・
でも、これは、笑えましたね。

クドカンが、岡田クンはちょっと屈折した役が合う、
とか言ってましたが、
確かに、そうかもしれません。
でも、もっとシリアスっぽい話で、岡田クンを
見たいかな。

「フライ ダディ フライ」を見よう、見よう、
と思いながら、まだ見ていませんが、
早く、借りてこようと思いました(笑)

6月に、劇団新幹線の「メタルマクベス」を
見に行く予定なのですが、この脚本が「クドカン」

・・・という流れで、「クドカン」を体験しておこうと、
DVDなど借りているわけなのです。

独特の早いセリフ回しに、
まだうまくついていけないのですが、
でも、「クドカン」の脚本、悪くないです。
面白かったし、最後にちょっとだけ、ほろっとしました。

ま、あまりじめじめしないところが、
「クドカン」の良さなのでしょうか。

あの、暗い、じめじめっぽいシェークスピアの
「マクベス」を、彼がどう料理するのか、
今から楽しみです。





みゆちゃんですから・・・

みゆはいつも大また開きで寝ています。
ゆきは絶対にしないのになあ・・・
一応、女の子・・・

よそのうちの女の子はどうなんだろう・・・

でも、みゆが「ぼんぼり」みたいなしっぽを
ぱたぱた振る姿は、可愛い(笑えますが)


続きを読む

微妙な関係

うららかな、お休みの日の午後です。
さて、久しぶりに大掃除でもしようかと(いや、小掃除は
毎日してるんですけど)炬燵のほうを見やると

060311_074217yukimiyu03115.jpg


なんと、ゆきとみゆが炬燵の同じ側にいます。
まあ、わりとずうずうしいみゆは、ゆきの場所に無理やり
侵入することはあるのですが、いつもゆきに撃退されています。


060311_074258yukimiyu03116.jpg


みゆを見ているゆき。
う~ん、また噛みつくのかな~

060311_074236yukimiyu03116.jpg


そっと近づいて見てみます。
みゆも心なしか、ちょっと緊張しているかも
ゆきがじーっと見ているわけだし・・・


060311_075008yukimiyu03112.jpg


ゆきが目をそらした!
あらら、ついに受け入れたのかしら

060311_075037yukimiyu03113.jpg


毛づくろいを始めたゆき
いいぞ、いいぞ
久しぶりに仲良いツーショットかな!

060311_075435yukimiyu03111.jpg


何となく、落ち着いた様子のふたり
団子にはならないけど、一緒にお昼寝!
いい光景です


嬉しくて、鼻歌まじりに猫のトイレ掃除を
始めた母・・・

しかし!

続きを読む

中川晃教インストアライヴ

へ行ってきました!
時は3月10日(金)19時30分より
場所は新宿タワーレコード 7Fイベントスペース。

これは2月22日にリリースされた
「Akinori Nakagawa 2001-2005」というベストアルバムの
予約・購入者の特典として開催されたものです。

ミニライヴと握手会!
うわ~私、初めてです

インストアライヴなんてものの存在を知ったのは、
一~二年ほど前?友人が参加したのを、野次馬根性で
見に行ったときでした。
でも、私には無縁かな~と思っていました。

劇団新幹線の「SHIROH」を見てからの
中川晃教(以降あっきーと表記)ファン。
彼は、Jポップとミュージカルの狭間にいるような
存在ですが、ただのシンガーではありません。
才能あるソングライターでもあるのです。

でも、普通の音楽好きの友人たちは
彼のことをまったく知りません。
それなのに、あまり音楽の話をしない友人が、
意外にも知っていたりする。
「ミュージカルに出てるよね?」と。

そういう不思議な立ち位置にいる人。
おまけにまだ若い!え?23歳?
え?デビューしたのまだ18歳くらいのころ?

・・・話を戻します。
で、インストアライヴ。
18時45分に現場に到着したのですが、すでに人だかりが。
あっきーのファンはわりと年齢層高めです。
どちらかというと地味でおとなしめ?
なんだか、溶け込みやすい感じ(笑)

19時少し前に係員の誘導で、階段へ移動。
50番ごとに、さらに上の階へ移動します。
私は137番なので下から3番目のグループ。
それから、番号順に呼ばれて並び、またしばらく待機。

この日は小雨が降って少し寒かったので、厚着をしてましたが、
狭い階段に沢山の人が押し込まれていたので、暑い。
換気もないので息苦しい。酸欠になりそうでした。

19時15分、入場開始。
入場っても、もとのイベントスペースに戻っただけですが。
店の中の囲いのあるスペースが会場というわけですが、
せまくてぎゅうぎゅうです。
なんと、300枚も参加券が出たとか。

ステージはすぐ近くなのですが、前に背の高い人が沢山いて、
ほとんど見えません。
後ろで
「こういうとき、(背が)高くてよかったと思うよ~」
と言っている人がいました。
本当に、こういうとき、ちびは損するな~と思った私

19時30分、少し過ぎて、ようやくあっきー登場。
帽子をかぶったあっきーは、紺色の半そでシャツと
赤いふわふわしたパンツ姿。
さっそく歌ったのが、私の好きな「BRAND」
アップテンポで難解なこの曲を最初に歌うなんて。
でも、朗々とした彼の声は店中に響き渡り・・・
まるでCDそのままの完璧さで歌いきりました。

その後、順不同ですが、
「Catch Fire」
「JUST CALL MY NAME」
「I say good-bye」
タイトル不明の新曲
・・・などなど披露しました。

そうして20時頃にライヴは終了、
続いて、握手会です。

人ごみの中、息苦しく暑く、
長時間立っていた足は痺れ気味・・・
待つのは長い

あっきーが笑顔で、相手の話に大きく頷きながら、
握手している様子をず~っと見ていました。
あっきーの頬が紅潮して、顔いっぱいの笑顔が
とってもかわいい!!(かわいい、は禁句ですが)

そしてついに、私の番が!

あっきーの目の前に立ち、彼と目が合った瞬間、

・・・ド緊張!!

手も言葉もすぐに出てこなかった!
きっと、ひきつってたかも(笑)

彼が「ん?」というように私を見た(ような気がした

きゃーっ きゃーっ きゃーっっ!!

・・・ともかくも(落ち着け落ち着け!!)

「OUR HOUSE(5月から始まる、彼が主演のミュージカル)見に行きます!
頑張ってください!」

と言うのがせいいっぱいでした。


・・・ああ、それにしてもです。

私って、若い男の子に免疫なさすぎ!!

どーしょーもない、おやじばかりしかいない
職場環境が、よくないのかしら


終わってみれば、短い時間でしたが、
目の保養、耳の保養ができて幸せでした。
(うう・・・トシがばれそう)

また「愛に」行くね!あっきー!!(いい加減にしろっての










楽しいごはんタイム

1日中家の中にいるゆきとみゆにとって、
ごはんとおやつの時間はとても楽しみ。

私からすれば、ほとんど運動もせず、寝てばかり?なのに、
どうしてそうおなかがすくのか、わかりませんが・・・

気分転換なのかもなあ・・・責任を感じる母

PICT0001yukimiyu03101.jpg


左のピンクのお盆がみゆのごはんの位置。
自分は左側だとわかっていて、いつもお盆の前で
ごはんを待っています。
右の緑のお盆がゆきの分。

PICT0004yukimiyu03102.jpg


無言でひたすら食べています。

PICT0002miyu03101.jpg


しばらくすると、隣を気にしだすみゆ。

PICT0003yuki03101.jpg


ゆきは集中してまだ食べています。

PICT0005yukimiyu03103.jpg


しかし、しばらくすると、場所をチェーンジ!

夕ごはんは缶詰なのですが、いつもトッピングに
おかかと小魚をかけてあげています。
でも、小魚好きなみゆは小魚は綺麗に食べますが、
缶詰を残します。
反対にゆきは、小魚を残して、缶詰の方を好んで食べます。

なので、お互いに、相手が残した自分の好物を
いただいているのですね。




続きを読む

続・Theater on Ice 2006

引き続き、翌日のルポ?を。

5日(日)

この日も構成は昨日とほとんど同じでした。
違ったのは、プルシェンコさんが、急いで帰国することに
なったということで、一部で本番の演技を披露しました。
三部での、安藤美姫さんとの絡みが見れなくて
残念でしたが、予想通り、本田さんが代役を務めていました。

そうそう、この時の席はEブロックSS席の2列目1番。
リンクが近い!もう、すぐそばで3回転4回転が見れて、
迫力満点でした。

というわけで、高橋クンも、昨日よりぐっと間近に見えて

きゃ~高橋ク~ン

・・・と思わず黄色い声で叫んでしまいそうな私でした。

(叫ばないって。一応、理性が・・・)

この日は、高橋クン、転倒しませんでした。
よかった!まるで息子を見守る母の気分(・・・なのか?)

で、荒川さんが出てきて、また、うるうる


・・・ところで!

昨日もそうだったけれど、演技中に、携帯で写真撮る人が
沢山いました!

禁止されているという放送が何度もあったのに、です。

結局のところ、誰も監視していないし、注意する人も
いないからなのね。

気持ちはわかるけど、マナー悪いよな~

誘導の件もそうだけど、そういう面の対応が、まったく
なっていなかった、ということです。

これが、ラルクのコンサートだったら、
カシャッ! っとやった瞬間、
警備員がすっ飛んでくるのにね。


これを見ていた子供はどう思うのかな。

「ねえ、おかあさん、写真とっちゃいけない、って
 放送してたよね。撮ってる人がいるよ?いいのかなあ?」

「いいのよ、みつからなきゃ」

・・・とか言うんだろうか。

う~ん・・・


ま、それはともかく、
二日間、夢のような楽しい時間を過ごすことができました。
やっぱり、ライヴはいいよね~

20060305210051.jpg


終演後、出演者が去ったあとのリンク。
ああ~また見たい!

Theater on Ice 2006

有明コロシアムの特設アイスリンクにて、
3月4日(土)と5日(日)に開催された、
フィギュアスケートのショーを見に行きました。

オリンピックの金メダリスト、荒川静香さんやロシアの
プルシェンコさん、ペアの金、銅メダリスト、
その他、過去のメダリストやプロで活躍する選手が
多数参加していました。

以下にその模様を、報告します。

4日(土)

13時30分開演予定。
しかし13時に会場に着いた私の眼前には、溢れんばかりの
人人人・・・会場はすぐそこなのに、入場するのに30分も
かかってしまいました。

20060305210016.jpg


何しろ、誘導する人がいません。
メガホンで叫んでいる人は何人かいましたが、
歩道橋から入り口まで続く通路で、どんどん膨れあがり
身動きできなくなっている人ごみを、誰も誘導しない
のです。

それでも、二重の列を作って、何とか規律を維持しようとして
いた私たち観客でしたが、開演予定時間が迫った頃に、
突然、その列も崩壊、一斉に入り口に押し寄せるという
結果に・・・よく死人がでなかったなあ

会場内でも、トイレに並ぶ列とパンフレットを買う列が
入り乱れ、押すな、押すなの大混乱。

主催側は、この状況を予測できなかったのでしょうか。
慣れてなかったのかな。
警備、誘導に関する不満の声はあちこちで聞かれました。

結果的に、開演は予定より30分ほど遅れました。
まあ、とにかく、無事に始まったのでした。

この日はフジテレビの録画が入っていましたね。
何しろ、SS席7列目、1番の私の席は、
フジテレビの録画スタッフがいるブロックの
仕切り隔てたすぐ隣。
つまり、私がいたGブロックは、舞台のほぼ正面に
当たるわけです。

オリンピックの歴史をナレーションと群舞で綴りながら、
メインの出演者が順番に現れるという趣向。
最初に出てきたのは、スルヤ・ボナリー!
懐かしい!
フランス代表で長野のときに出てましたね!
フィギュアの世界でも珍しい、黒人の女性スケーター。
禁止技のバック転、今回は存分に見せてくれました。

それと、これも懐かしい、アイスダンスのフランス代表だった
アニシナ&ベーゼラ組!
どうしているのかと思っていました。

ベーゼラさんの黄金の長髪、いまだ健在でしたか!
相変わらず、息の合った、妖艶な演技、
素晴らしかった!

ショーは三部構成になっていて、一部では挨拶代わりに
メンバーが少しづつ滑りました。
プロに転向した本田さんとか、ジュニアの入賞者とか
ユーモラスなプロの演技など、いろいろありましたが

やっぱり、何と言っても高橋クン。
速いじゃない!すごい飛んでるじゃない!
どーして、オリンピックでその実力発揮できなかったかなあ!
でも、彼、やっぱり二部(三部だったか?)転んでましたが
そして、最後に荒川さん・・・綺麗でした、優雅でした。
・・・と溜息のうちに一部が終了したのでした。

まだ続く!

続きを読む

いとしのみゆ

クールビューティーのゆきと違って、
みゆはひょうきんなしぐさでいつも笑わせてくれます。

甘えん坊で、夜はいつも私のそばで眠ります。
食いしん坊でいつも食べすぎ、おなかは上から見ると
ツチノコのように横に膨らんでいます。

お昼寝のときはいつも仰向けで足おっぴろげ
急所のおなかを無防備にさらしています。

そんな愛らしいみゆは、いつもいろいろな名前で呼ばれます。

   みゆ
   みゆちゃん
   みゆりん
   みー
   みーた
   みーこら

そして、おりこうちゃんのみゆは、
呼ぶとちゃんとお返事します。

 「みゆ~」

  にゃ~

 「み~ちゃん」

  にゃ~ん

 「ゆき~」

  にゃ~ん

 ん?






そんなみゆも、4年ほど前、
4階のベランダから落下して、腰と足を複雑骨折するという
大怪我をおいました。

でも、今はすっかり元気です。
怪我をする前のような、ジャンプ力はなくなりましたが、
昔と変わらず、

蝿取りの名人!  です。

みゆが来てから、蝿退治はみゆにお任せです。

しかし!

棚の上でごろごろ愛想を振りまいている最中に、
思わず落下してしまうのは、なぜ?

たまに降ってくる猫に注意!!

プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。