04
1
4
5
7
8
9
11
12
13
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆき 通院する

病院で血液検査をした結果、
ゆきの腎臓がかなり悪い、ということが判明しました。
治療の開始です。

先生からは、一日おきに連れて来れないか、
と打診されましたが、それは難しいので、
一週間に二回か三回通うことにしました。

バスと歩きで片道30分はかかります。
でも、何より気を遣うのは、バスの時間に間に合うように
ゆきを籠に入れること。
停留所であまり長い時間待つのは避けたいからです。
しかし、あまり早く籠に入れてしまうと、
ゆきが籠の中で大暴れして、大変。

籠が壊れるのではないか、とひやひやします。

街道沿いの停留所は、車の往来が激しいので、
騒音が怖いのか、ゆきは停留所に着くと、おとなしくなります。

籠の重さとゆきの体重で、首と右腕右肩が、
ばりばりに凝ってしまいます。

でも、かわいいゆきのためなら、母は、頑張ります


唯一、良いことがあるとすれば、
病院では、いろいろな飼い主さんたちに会える事です。
特に、猫を飼っている人は、私が連れてきたのが
猫だとわかると、にこっと、笑ってくれるのですね。

犬の飼い主さんと違って、猫の飼い主は、外で交流
することがありませんから、
お互いの猫の話ができる、というのは嬉しいことです。

投薬と、体内の尿酸値を下げるための補液、
これが治療の内容です。
それから、毎日の療法食。
おやつも禁止で、あげるのはそれだけです。

缶詰はまずいらしく、食べないのですが、
カリカリのほうは、何とか食べてくれています。
治療によって、歯肉炎も少し改善したようです

毎日していたゲーの数も、激減しました。
腎臓が悪いと、吐きやすくなるのだそうです。

グルメなゆきが、もうおいしい食事ができなくなるのか、
と思うと、かわいそうで仕方ありません。

高齢だし、これからの人生、少しでも
楽しく、幸せに暮らさせてあげたいのに・・・

PICT0019yuki04022.jpg


でも、ゆきには、元気で長生きしてほしいです

腎臓に良く、おいしく食べてもらえる料理を
研究しようと思っている母です。
スポンサーサイト

テレビは敵?

外の世界を知らないゆきと違って、
みゆは半年近く野良生活をしていました。

人間との暮らしでは、いろいろと珍しいものとの出会い
があったはず。

テレビもそのひとつ

041011_201405miyu.jpg


小動物や鳥などの画像が出ると、じっと見つめるみゆ

041011_201601miyu.jpg


突然、捕まえようとしたり


しかし、最近は、そういう興味がなくなったようです。

今のみゆにとって、テレビは、敵!

母が、自分より、テレビばかり見ているので
やきもちをやいています。

PICT0002niyu04292.jpg


母がテレビを見ていると、いたずらを始めるみゆ

PICT0001niyu04291.jpg


扉を開けて、中のコードを引っ張り出したり・・・

何度叱っても、やめません!!

そこで、母は、考えた

続きを読む

ゆき、病院へ行く

まだ、よく目も開かないうちから 一緒に暮らしているゆきですが、
子育てが初めての母のもとで、大病もせず、元気に育ってくれました。
そんなゆきも、気がつけば10歳を過ぎています。
年齢的にも、いろいろと身体に変化が出てくるのは、
当たり前ですね。

猫が毛玉を吐くのはよくあることですが、
それが毎日のこととなると、やはり心配です。
仕事が終わって帰ると、猫のトイレ掃除の前に、ゲーの後始末、
という作業が増えました。
私も大変なのですが、吐く本人もつらいはず。
少なくとも、もう三ヶ月も毎日吐いています。

病院へ連れていかなければ、と思いつつ、
先送りにしていたのにも、いろいろ事情があり・・・

実は、歩いてすぐのところに、10年近く通っている病院が
あるのですが・・・
いろいろあって、病院を変えようと思っていたのです。

ネットで口コミの評判を調べて、場所を確認して、
交通手段を考えて・・・

そうしてやっと見つけたのが、P動物病院。
決め手は、ネットでの問い合わせに対して、
丁寧に応対してくれたこと、
家の近くのバス停から乗っていけることでした。

今日、日曜日は、10時からの診察です。
抵抗するゆきを何とか籠に押し込めて、11時02分の
バスで出発。
家を出る時は大声で叫んでいたゆきも、バス停に着いたら
おとなしくなりました。

ちょっと予想と違ったのは、着いたバス停から、結構
歩くことです(笑)
歩くのは平気なのですが、荷物?が重い

迷いつつもようやくたどり着いた病院は、
小さいながら、患者でいっぱいでした。

先生も、二人いる看護士も全員女性です。
座る場所もないくらい混んでいましたが、患者の家族同士、
楽しそうに喋っていて、とても和やかな雰囲気でした。

隣で小さな犬を連れて待っている女性に聞いたら、
1時間待つことなんてザラ、なんだそう。
前の病院はいつも空いていたので、こういう風景を
見るのは初めてでした。

ようやく、ゆきの番がきました。
毛玉を吐くことと、最近痩せた、という話をしました。
先生いわく、
「まだ、太っていますよ」

え?そうなの?前に比べるとすごく痩せたような気がします。
「これで、普通になってきた、ということかしら・・・」
と、思わず、自分でフォローしてしまいました。

歯を見てもらい、最近、カリカリを食べないのは、
歯肉炎になっているからだ、と判明。
毛玉をよく吐くのは、年齢的に腸の働きが弱っているからだそう
「血液検査をしてみましょう」

こういうとき、今までだったら、私が抑えていたのですが、
若い看護士さんが、抑えていてくれました。
看護士さんにしがみついて、胸に顔を埋めるゆき。
病院で、私以外の人にそういう態度を取ったのは初めてです。

そういえば、私自身も、いつもよりリラックスしていたかも。
先生や、看護士さんたちの、気さくで優しい雰囲気が、
安心感を与えてくれたのかもしれません。

血液検査の結果報告は、来週火曜日に電話で聞くことに
なりました。
伸びた爪を切ってくれて、なんと、肛門腺も絞ってくれました。
「詰まり過ぎて、破裂することがあるので、一年に一回は
絞ったほうがよいですよ」
そんな話、初めて聞きました!

10年間一度も、絞ったことがないはず
  
   ・・・出ました・・・それなりの量が

帰りはまたバス停を探して、散々迷いましたが、
無事に帰宅。

何だか、母の方がぐったりです。
でも、良い病院に出会えました。
よかった、よかった。

PICT0001yuki0415.jpg


 最近、台所でガス台をなめるゆき

 夜中に油をなめる猫又っていう妖怪がいたっけな~

FLY,DADDY,FLY

以前から見たいと思っていた、このDVD
やっと借りてこれました。
これ、まだ新作なのですね。
TSUTAYAで、「新作だけど一週間」借りられるキャンペーンの
対象作品だったので、思わず、会員になって借りてきました。
(1枚しか残ってなかったので

岡田準一クンと堤真一が共演しています。
堤真一って、実はあんまり好きではないのですが、
この役は合っていましたね。
「情けないおっさん」の役が実にはまっていました!

そして、岡田クンの、なんとまあ、かっこいいこと
彼は、在日朝鮮人の高校生を演じています。
無口でクールで喧嘩が強くて、そして、どこか孤独な感じで。

ストーリーは、かなりはしょって言えば、
愛する娘に暴力を振るった高校生をやっつけるために、
お父さんが、身体を鍛えて戦いに挑む、というお話です。

相手の暴力高校生は、父親が総理大臣候補、自身はボクシングの
チャンピオン。親の権威を笠にきて悪事のし放題、という
絵に書いたような悪役。

びびりまくりの堤お父さんを、なりゆきで鍛えることになった
スー・シンこと岡田クン
さすがに、素早い身のこなし。
アクションがばっちり決まっています!

まあ、話としてはありがち、
なのですが、でも、へなちょこおっさんが、
だんだん身も心も強くなっていく姿が、
見ていて、嬉しくなるのですね~

そして、スー・シンとおっさんが、次第に心を通わせていく
過程が、自然に納得できてしまうのです。
木の上で、二人が語り合うシーン、
ちょっとほろり、ときてしまいました。

そして、ラストは期待を裏切りません。
誰もが予想していた通りに、
とっても気持ちの良い結末を迎えます

やっぱり、こうでなくっちゃね~
見終わって、幸せな気分になれない映画は
最近、駄目なんです。

終盤の、岡田クンの澄んだ瞳がとっても印象的でした。

 「飛べ!おっさん、飛べ!」

あ~私にも、そう叫んでほしいな~







HYDEライヴ FAITH

4月13日 渋谷AXにて行われた、HYDEさんのソロライヴへ
行って来ました。

ライヴハウスでのオールスタンディング、というのは、
実は初めてなのです。
ま、ラルクのときも、始まれば立っているのですが、
待ち時間の間は座っていられますからね。

本音を言えば、体力が一番心配なのでした

押されるのが嫌なので、入口側の後方にいたのですが、
それでも、ステージは近かったですね。
背が低いので、スタンディングだといつも見えないのですが、
今回は頭だけ見えましたから。
もっとも、HYDEさんも小柄なお人なので、
台の上(?)に乗ってくれたおかげで、見えたのですが
それに、モニターが目の前でした。
なので、HYDEさんのアップをたっぷり見ることができました。

最初の曲は新曲でした。(と、後でカズさんが言ってました)
4月の半ばに、新しいアルバムが出るので、
その中の曲をいくつか演奏していました。
当然、よくわからなかったのですが。

何しろ、音が大きいし、英語で歌われると、何の曲か
すぐにはわかりません。
今回は新曲もやるので、仕方ないと思いましたが、
しばらく聴いてから、「あ、前のアルバムの曲ね、」
と気づく始末。イントロクイズは、苦手ですね(笑)

HYDEさんの頭は見えますが、表情までは見えません。
ずっとモニターを見てましたが、
HYDEさん、熱かったです。
激しいアクションでギターをかき鳴らし、歌いながら吼えて
ましたね~
今回はカズさんがギターで加わったこともあって、
サウンドに厚みがあって、しかもへヴィでした。
ドラムの音に、胃をドスーンと直撃されました。
でも、この重い感じって、どこかレトロっぽくて、
昔のヘビメタを思い出しましたね。

アンコールでは、みんなが知っている曲を立て続けに演奏
したので、かなり盛り上がりました。
何しろHYDEさんが、煽る、煽る!

私的にはあまり喋ってくれなくてもよいな~なんて。
最近、下ネタもパターン化しているようです。
「最近、こればっかり」と隣の女の子が言っていたし
不思議なイントネーションの独特の喋り方が、な~んか笑えたりして
う~ん、も少し、自然に喋れんのか・・・と言いたくなったり

やっぱりね~HYDEさんは、ステージでギターを弾きながら
歌っている姿が一番かっこよいのです。
モニターじーっと見てたけど、本当に、どこから見ても、
隙がないほど、かっこよかった
声もよく出ていたし、バリバリ元気だったし、
暴れて叫んで歌っているときのお姿が何より美しい

正直言って、ラルクのときより、冷静に見ていた私なのですが、
二時間のライヴが終了する頃には、足の痛みも気にならなくなり、
久しぶりの爆音にもすっかり慣れて、憂さ晴らしというか、
元気をもらったような気分でした。

何の曲やったか、なんてことは、もうどうでもよいのです。
今、全力で生きて活動している、熱いHYDEさんが見れただけでよし。
それが、明日からの私のエネルギーになるのですから!


PICT0004hyde0415.jpg

お気に入りの場所

狭い家の中にも、ゆきとみゆそれぞれのテリトリーがあるようです。

たとえば、ソファに座って見たとき、前にある炬燵の左側はみゆ、
右側はゆきの場所。

ソファの上はゆきの寝床で、炬燵の中はみゆの寝場所。

たまに入れ替わるときもありますが、ほとんどの場合、
決まった場所にいます。

最近、ゆきのお気に入りは炬燵の上。

ホットカーペットをしまって、炬燵だけつけるようにしたら、
ゆきがよく座るようになりました。

なぜかというと、

テーブルの真ん中が暖かいのです。

ちょうど、オーブンの天板の上みたいに、
炬燵の熱が、伝わってくるのですね

PICT0021yukimiyu04021.jpg


みゆちゃんもそれに気がついたようです。

だいたい、おいしい話は見逃さない性格


PICT0023yukimiyu04022.jpg



 ゆき  どけよ~ここはぼくの場所だぞ 

 みゆ  い~じゃない、べつに~

PICT0022yukimiyu04023.jpg



 ゆき  どけったら、どけよ~

 みゆ  ん~もう!うるさいわねえ~


PICT0007yukimiyu04024.jpg


あきらめて、炬燵の中に退避するみゆ
意地を張って居座ると、また噛み付かれます

   
PICT0006yukimiyu04025.jpg


ここは、ゆきちゃんのお気に入りの場所

   お山の大将~おれひとり~

眠い眠い!


  春眠暁を覚えず

 ・・・と、言いますが、朝起きるのがつらいです。

ま、眠いのは毎日のことですが、朝だけでなく、
夜も眠い

最近、夜10時以降は、意識不明になることが多いです


うちの猫たちも、眠い。
昼間もたいてい寝ているのでしょうが、
夕方からも、よく寝ています。

特に、ゆき。

やっぱりお年寄りだから?

猫=寝子

というだけあって、本当によく寝ます。


PICT0018yuki04021.jpg



   う~ん   眠い!


おまけに、暖かくなって、毛がよく抜けてくる時期です


ゆきも、みゆも、お手入れで忙しい


PICT0019yuki04022.jpg



よく、お手入れしているおかげで、
ゲーの回数が増えました

毎日のように、毛玉を吐いています。

母は、帰ってからのゲーの後始末で忙しい毎日


みゆちゃんも・・・

続きを読む

わが道を行こう~と思いつつ

リンクには載せていませんが、
「レミゼ」ヲタを自任している女性のブログを
毎日楽しみに読んでいます。

「ヲタ」というだけあって、内容は深いです。
「レミゼ」の登場人物、出演者に対する思い入れは、
面白くも潔く、洞察力、想像力を駆使して、
自由にしかも楽しそうに記述しています。

う~ん、私、内心、尊敬しています。

私は「猫とエンタメの日々」というテーマの割には、
彼女ほど、鋭い視点はもってないかもなあ・・・

猫はともかく、
エンタメの方でも、「ヲタ」を自称するほど、
探究心はないからなあ。

やっぱり、ただのミーハーなんだわ~


と、自信喪失

・・・いや、自信なんてものも、もともとないんだっけ


しかし、
何をどう楽しむのかは、人それぞれ

私は私なりのスタイルで、感じたことを書けばいいのだ!

と、すぐに立ち直るのであった。

   ミーハーだって、いいじゃない!

   ミーハーなんだから!

・・・って、開き直ってみたりして(笑)


それはともかく、今年は、持病の花粉症も軽くて、
とっても気分の良い春なのです。


今年はひそかに挑戦したいこともあり・・・

う~ん!!がんばろう!!

海は広いな~

4月1日土曜日。
天気は晴れ。
最高のお花見日和でしたね。

残念ながら、お花見はできませんでしたが、
久しぶりに横浜へ行ってきました。

湘南新宿ライン、京浜東北線経由で、関内へ。
友人が、予約してくれた、「エリゼ光」で、ランチをいただきました。

お店は小さいのですが、女の子好みのロココ調内装。
料理も芸術的美しさで、美味でした。
でも、一品一品運ばれてくるたびに、料理の説明を
かしこまって伺う?というのは、ちょっと
堅苦しいかな?
そのたびに会話が中断されるし

でも、たまには、こうしてかしこまって、
凝ったお料理をいただくのも、良いのかも。
味は本当に美味しかったです。

食事の後、ぶらぶらと、山下公園まで歩きました。

PICT0026yokohama04022.jpg


犬や子供を連れて、散歩に来ている人が沢山いましたが、
混雑しているということはなく、
のどかな気分で海を眺めることができました。


PICT0032yokohama04023.jpg


帰りは、初めてシーバスに乗って横浜まで。

PICT0036yokohama04025.jpg


PICT0034yokohama04024.jpg


海風も心地よく、白い波と対岸の建物を眺めながら、
少しだけ旅行気分を味わうことができました。

船酔いしなくて、よかった!

プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。