03
1
2
3
4
5
6
7
9
12
13
14
15
16
17
20
21
24
25
26
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜咲く

20080326133132.jpg


ばたばたと忙しがっている間に 桜が咲いてしまった

春なんだなあ~~

これは昨日、会社の近くで撮った写真ですが、ほぼ満開


20080326133215.jpg



昨夜、バイトの帰り、深夜の高田馬場駅に降りたら、

そんな時間には不似合いなほど

ハイな団体で、構内が込み合っていました

改札の前で写真撮ったり、輪を作って賑やかに喋りあったり・・・


花見帰りなのかな~

こちらは、疲れ果ててヘロヘロだったので

見ているだけで、更にどっと疲れました



いつの日か、猫と一緒に、静かな場所へ

桜を見に行きたいなあ・・・






スポンサーサイト

闘いすんで・・・

勝負の神様は

高橋クンの手綱を 決して緩めようとしないのですね

四大陸のときの高みから、あっさりと地面へ突き落としてくれましたが

「まだまだ、満足するな、安心するな」

と、彼に言っているのでしょうね


脱力感


今はまだ、そんな感じ

たぶん、高橋クンもそうだと思う


悔しさがこみ上げてきて、それがまた彼の闘志に火をつけるまで



勝負の神様は

ここで、あっさりと彼に金メダルを与えたりしない

バンクーバーまで、まだ時間がある

彼が最後に、オリンピックで金メダルを取るまでに

まだまだ、やれることがある、学ぶことがある、

と、彼に試練を与え続けるつもりなのでしょう


長くて、厳しい闘い

飴の後の、鞭だよね~  ほんとに・・・


でも、よかったよ、高橋クン

ここで、簡単に金メダルを取れなくて

ライバルたちの実力を、あらためて思い知ったのだから

これからも、油断をすることなく

もう一度、原点に戻って、始められるね


あなたの原点は、あのトリノオリンピック

あのとき、あなたが決意したことを、もう一度思い出して


次のオリンピックでは、きっと金メダルを取ると

すべての努力も涙も汗も、

その為の代償なのだと


そう、私も思い出して、今夜は眠ることにします

高橋クン、

今夜はゆっくり休んでください



追記

高橋クンは、残念な結果でしたが、

バトルさん、ジュベールさん、ウィアーさんたちの演技、

本当に素晴らしかった

特に、ジュベールさんは・・・鬼気迫る迫力、という感じでしたね~

みんな、それなりにプレッシャーを感じていたはず・・・

でも、その中であの演技ですもん

さすがに、メダルを取るだけのことはあります

納得の結末と言ってよいでしょう



波乱にとんだ 世界選手権も終わりました

選手のみなさん、お疲れ様

そして、8位だった小塚君、頑張りましたね


(私も疲れましたわ~~もう、寝よ)



激戦 !

なんだか、すごいことになっています

フィギュアスケート世界選手権、男子のショートプログラム


高橋クン、トリプルアクセルで手をついて、三位

私は、彼のトリプルアクセルが大好きで、あれはもう「芸術品」だと

思っているのですが

う~ん、まさか手をつくとは・・・最近では珍しいです

本田さんは、軸が斜めになっている、とか言っていましたが・・・


上には、ウィアーさんとバトルさん、

下にはトマシュさんとランビエールさんとジュベールさん?

うわ~上を向いても下を見ても、迫力満点の布陣だわね~

はっきり言って、ミスしたら、確実に負け


真央さんのように、転んでも首位になれる、というような状態では

ありませんね~今回の男子は

それぐらい、厳しい状況だと思います


やだやだやだ・・・すごい緊張する

いや、緊張するのは、高橋クンの方なんですけれど・・・


本日、午後11時より、フリー演技の生中継だそうです

見たいけど、怖い、でも見たい・・・けど 怖い~~


ええい!結果はともかく、

悔いのない演技をしてください


頑張れ~高橋クン






猫がくるまで

面白い本をみつけました

朝日新聞で紹介していた「くるねこ」

コミックなんですが、これは、今まで見てきた猫マンガの中では

一番面白かったです


作者のくるねこ大和さんという方は、ブログも作っていて、

作品はそのブログにもアップしています


いつ見ても微笑ましくて笑えますし、

すご~く猫が飼いたくなります

今のところ、一番のお気に入りです


もう一冊、「ブランケット・キャッツ」

これも面白いです

まだ読んでいる途中なんですが

(いっき読みしたいところを、我慢しています

借りてきた猫に関わる人間模様を描いているのですが、

なかなか奥の深い内容になっています

お勧めです


猫はいないけれど

猫に関するものに興味をもつのは

相変わらずです


ゆきやみゆのように、

もともと飼うつもりではなかったけれど、

      私が引き取らなければ、この子はどうなる、

という、必然的な出会いが

きっとまた、くるだろうことを信じて・・・


その日を楽しみに待ちたいと思います

猫のいない日々

しんちゃんが逝ってから、二週間が経ちました

早いものです

で、今の私は、猫のいない日々を、それなりに楽しく過ごしています


思えば、13年ほど前に、ゆきと暮らし始めてから、

出来る限り 猫優先 の生活をしてきました


旅行もほとんどしなかったし、したとしても 一泊だけ

でも、旅先では、いつも猫のことが気になって 落ち着きませんでした

社員旅行も、一人で先に帰ってきたし

夜の外出も、なるべく避けるようにしてきました

帰りが遅くなると、急いで帰らなければ、と気がせきました


どんなに遅く帰っても、疲れていても、

ゆきみゆの世話だけは、最優先でした


ある意味、不自由だったかもしれないけれど、

ゆきやみゆの柔らかい、温かいからだを抱いていると、

何を犠牲にしてもいい、という気になれましたね


でも、今、久しぶりに 自由奔放?な生活をしています

自分優先、自分勝手、自分中心 の生活です

夜のバイトで、帰りが12時過ぎになっても、

今までは走るように帰っていたけれど

今は、午前1時までやっているスーパーで

のんびり買い物して帰ったりして


観劇も、なるべく昼間に行くようにしていたけれど、

今は、夜でも全然、オッケー


ちょっと、ゆっくりする時間もできたので

少し 家の中を綺麗にしようかな~と思っています

忙しいとか言って、掃除もわりとテキトーだったりしたから


仕事から帰ると、時間をみつけては、棚の整理や

冷蔵庫内の整理などをしたりしています


猫のトイレも そのうち綺麗に洗って、片付けようと思っています

少しずつ、猫のいた痕跡が消えていくけれど

これもひとつの区切りだと思います


また いつか 必然的に猫との暮らしが始まるかもしれません


そのときまで、しばらくこの自由を 謳歌しようと思っています










四大陸のロミオ

情報オンチなので、世界フィギュアの放映予定が(男子の

いつなのかわからなくて

フジテレビの公式サイトではまだ未定になっているし


サイトを調べて、22日の昼間にSP、

深夜にFPの放映(録画)があることが判明


テレビでは、最近、安藤さんたちが「頑張ります~」てな感じで

女子の放映時間をお知らせしてましたが・・・

まったく、ど~して、男子は後回しなの


高橋クンが金メダル、獲得する瞬間を

早く見たいような

見るのが怖いような・・・


それまでは、四大陸選手権でのロミオ を見ながら、

どきどきして待ちたいと思います


え~と、その前に、

16日は、高橋クンの誕生日

ゆっくりお祝いしているヒマはないと思いますが

ウケ狙いのフジテレビのことだから、

「すぽると」あたりで お誕生日ケーキの進呈、なんて場面が見られるかも


私も、家でお祝いしますよ~


モチロン、みごと金メダルをゲットできたら

祝杯あげま~す


(ひとりで・・・地味だな




しんちゃんが教えてくれたこと

PICT0005sin0803081.jpg


亡くなったしんちゃんのことで、

温かいコメントをくださったみなさま

ありがとうございました


今でも、しんちゃんのことを思い出すたび 涙がこぼれますが

今回の涙には、後悔の気持ちはありません


猫は、明日を憂えることも、過去を悔やむこともなく、

今日を精一杯生きる


というような言葉を(正確ではありませんが)聞いたことがあります



しんちゃんは、まさに、そういう猫だったと思います


人間で言えば、100歳なのに、

おしめをすることもなく、歯も揃っていて、成猫用のカリカリを食べていました

後ろ足は、弱っていましたが、

うろうろ歩き回ったりする元気もありました


しっかりごはんを食べて、苦しむことも、寝込むこともなくの大往生

本当に立派でした


そして、しんちゃんは、私がずっと忘れることができずにいた 

ゆきみゆへの後悔の念を、綺麗に払拭してくれました


最後の時に、そばにいることができたこと


それから、最後のとき、目を開いたままだったのですが、

閉じさせてあげることができました


実は、みゆが 同じように、トイレの前で冷たくなっていたとき

目を開けたままだったのです

閉じさせてあげようとしましたが、もう、固くなっていて、できませんでした

実を言うと、これがいつまでも、私のトラウマになっていました


しんちゃんの目を閉じさせることができたとき、

これでやっと、みゆの目も 閉じてあげられたような気がしました


ゆきみゆの遺骨は、まだ家に置いてあるのですが、

しんちゃんを埋葬したのを機会に、一緒に埋葬することにしました

近々、ゆきみゆを連れていく予定です

愛されたほかの仲間達と一緒に、永年供養してもらえます


ある意味、それで私の中で一区切りがつくなあ、と思います


つらいことも、寂しいこともあっただろうけれど、

しんちゃんは、淡々と、自然体で生きていました



私もそういうふうに、生きていけたら、と思います

私のつらい時期に、来てくれたしんちゃん

たくさんの癒しと、笑顔をくれました


しんちゃんがいなくなって、またひとりになったけれど、

今回は、さほど めげていません

しんちゃんのみごとな生き様を見て、

私も負けていられないな、と思ったので


長くなりましたが、これが、今の私の気持ちです


みなさまからいただいた、温かいコメントへの 

これを お返事のかわりにさせていただきます


ありがとうございました


そして、これからも よろしくお願いいたします















ありがとう しんちゃん

PICT0006sin0803082.jpg
 

3月4日の朝  しんちゃんが 逝きました


その朝も、いつものように、元気に鳴いて ごはんを催促し、

おかわりも食べて、

そして いつものように、トイレに入ろうとして

突然、倒れました


早鐘のように鳴る心臓の音が、静かに音がしなくなるまで

一分もかかりませんでした


PICT0007sin0803083.jpg



21歳と11ヶ月

あっけない最後でしたが、大往生だったと思います


最後の時には、今度こそ、そばにいてあげたい、という

私の願いもかなえてくれました


PICT0014sin0803085.jpg



いつも、お留守番ばかりさせて、寂しい思いをさせました


でも、しんちゃんには、もしかしたら明日はないかも、

・・・という思いが いつもあったので、どんなに遅く帰っても、

しんちゃんと一緒に過ごす時間を作るようにしていました


前日の3日は、おひな祭りだったので 

好物の いわしの煮つけをあげ、

寝不足の私が、炬燵で仮眠を取っている間、

しんちゃんも私のおなかの上で、寝ていました


PICT0008sin0803084.jpg



いつか、この日が訪れることを覚悟していました

後悔しないように、とも思って過ごしてきました

でも、やっぱり、いなくなって寂しいです


どこでも、お留守番ばかりさせられて、寂しい思いをしてきたと思いますが、

人のことが大好きで、人の気持ちを察する、賢い猫でした

長生きもして、立派な猫生だったと思います

PICT0016sin0803086.jpg


何より、ゆきみゆを失った悲しみから 立ち直れないでいた私を

元気づけてくれました


しんちゃん、本当に ありがとうね

私に 笑顔をたくさん与えてくれたね


PICT0018sin0803088.jpg



しんちゃんを埋葬したお墓に、

ゆきみゆも連れて行く予定です

PICT0017sin0803087.jpg



兄妹三人で、

安らかに眠ってください




プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。