03
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いはひとつに

L'Arc~ en ~ Ciel の ファンクラブからメールが届いていました


メンバーのメッセージとともに、


5月28・29日の、味の素スタジアムでの 20周年記念ライヴ


予定通り、決行するというお知らせです


そして、収益はすべて、災害地への義援金として寄付するとのこと


私も、ラルクさんたちの再起動を待っていたファンの一人ですが

残念ながら、今回は参加できないんです

でも、きっと素晴らしいライヴをやってくれることでしょう


いろいろなイベントが中止になって

勿論、理由のひとつは、消費電力の問題なんですけれどね


節電には、みな気を遣っているし、

少しでも無駄な電力は使うべきではない、と思います

でも、自粛自粛で、みな意気消沈していては、

日本全体が元気を失くしてしまいます

むしろ、活動できる体力のある地域は、こんなときにこそ

頑張って経済活動を活性化させていく必要があると思います

被災地を支援するために、やはりお金は必要ですから


ラルクさんたちのライヴを見たかったファンは

東北にも沢山いるはずですから

せめて、ラルクさんたちの思いが、形になってみなさんに届きますように


そして、私たちファンも、ラルクさんたちと、思いをひとつにして


頑張らなければ


スポンサーサイト

まだ、寒い

110322_0749~01

だいぶ暖かくなってきたけれど、うちのお嬢さんたちは、まだ寒い

炬燵は、かのんが独占

寝室のストーブは ふうがが独占&湯たんぽつき


私は火の気のない居間と台所で動き回っていることが多く、

ま、そうしている間はそれほど寒くありません


ベランダ側の窓に断熱シートを貼り付けています

ガラス面に、吸盤をつけて、シートの穴を引っ掛けて吊るすタイプで

この冬、セシールで購入しました


毎朝、結露がびっしょりついたシートを拭いて、室内の物干で乾かす、

という手間がかかりますが

夜、このシートをつけるだけで、たちまち部屋がぼうっと暖かくなります

エアコンも、このシートのおかげで、省エネ温度でしのげるようになりました


ま、お嬢さんたちは、それでも寒いそうで


110322_0750~01

特に、寒がりふうが


気がつくと、冷たくなった湯たんぽの上に 神妙な顔で座っているので


110327_1853~01


慌てて、別の湯たんぽを抱えて、レンジに走るかーちゃんです



今、できることを

3・11

あの震災の日からもう10日が経とうとしています


東京にいる私は直接の被害には遭いませんでしたが

地震の恐怖だけは、確かに体感しました


凍えるような冷たい風の中を、家を目指して二時間以上歩き、

更にバスで二時間かけて、ようやく家に辿り着いて

大切な家族と無事に再会できたことが、どれほど嬉しかったことか


あの夜、余震に怯えながらも、テレビで報道される現地被害の様子から

目を離すことができませんでした

画面を見ながら、ただ涙を流し続けていました


震災で亡くなられた方々のご冥福を祈ります

そして今も、現地で苦しんでいる方々のために、

私に何ができるだろうか、と考えます


かのんが、今、くしゃみをしました

節電のために、暖房を切っているので、寒いのかもしれません

でも、全部切っているわけではないのです


ふうがのいる寝室だけは、弱くストーブをつけています

湯たんぽも、頻繁に取り替えています

人間は寒ければ厚着をすればいいけれど、猫には無理ですからね

特にふうがは、膀胱炎の持病?があるので、気をつけています

かのんも、寝室にいたのですが、私のそばにいたいので、

出てきてしまって、「寒い」と文句を言っています

私も寝室に行って、本でも読もうかな


余震で大きく揺れると、猫たちは、その場で固まります

雷は平気なのに、やっぱり地震は怖いのでしょう


あの日、私がそばにいなかったから、とても心細かったのだと思います


かのんの文句を聞いて、寒がりふうがも寝室から出てきました


もう、寝室にいないなら、ストーブ消しちゃうぞ、と言ったら、

また寝室へ戻って行きました



電気もガスも水も、当たり前のように享受してきた

いつでも、すぐに電車が来てくれた

スーパーには豊かに物が溢れていた


そんな贅沢を当たり前のように思ってきた


今、少し不自由な生活をしてみよう

少しだけ我慢してみよう


そうして、考えてみる


     感謝の気持ちと、謙虚な気持ち


     忘れていなかったかな・・・










「ショコラ」

犬の名前ではありません(あしからず)

2000年に公開された ジュリエット・ビノシュ主演のアメリカ映画です

(舞台はフランス、っていうことなんですけれどね


もし、今、一番好きな映画は?

と問われたら、真っ先にこの映画を挙げますね 

それくらい、大好きな映画です


物語は、ざっくりと紹介すると

ジュリエットさんが演じる主人公が、娘を連れて、ある町へやってくる

その町は戒律の厳しい町で、異端者をまったく受け付けないという空気がある

主人公は、その町で、ショコラの店を始める

ミサにも出ず、断食期間()にショコラの店を始めた主人公を

町の統括者であるレノ伯爵は異端者として、敵視する

しかし、彼女の父が見出したカカオの効能を生かしたショコラは、

戒律に縛られて精神の自由を奪われていた町の人々の心を

次第に、開放していく・・・


というお話です


印象的なのは、夫に虐げられ、つい、人のものを掏り取ってしまう女性を

主人公が優しく受け入れるところかな

ショコラの代金を支払う、と言って盗品を差し出すその女性を

主人公は知っていて、決して責めないのね

その女性が、店を手伝うことによって、

生き生きと生まれ変わる姿が、本当に感動的なのです


それから、自分の好きなように振舞うことで、異端視されている

主人公の大家である、老齢の女性

ちょっと頑固なその女性とも、主人公は、自然に友達になっていく


芯は強いけれど、柔軟で優しい心の持ち主の主人公は、とっても魅力的です

あの優しさ、あの笑顔 さりげなく人を慰め癒し、励ますその姿

本当に憧れてしまいます

顔やスタイルでは、とてもかなわないけれど、

せめて、性格だけは、あの主人公のような人になりたいなあ、

なんて心から思います


そして、薬のように、心の傷を癒していくショコラ

そんなショコラを食べて、幸せになっていく人たち

う~ん、いいなあ・・・ 出てくるショコラはみんな美味しそうだし

吹き出物出まくりになってもいいから、思い切り食べてみたい・・・



あ、そういえば、私の好きなジョニー・デップさんも出ていますが

この映画では、脇役に徹していますね

役によって、顔も演技も雰囲気も変わる、カメレオン俳優のデップさん

抑えた演技のジプシー役、かなり素敵です


テレビで放映されたら、何度でも必ず見てしまう映画です

まだ、ごらんになっていない方がいましたら、

だまされたと思って、一度見てみてください



ほろりと泣けて、そして心が温かくなって幸せになれる映画です


(そして、チョコを買いに行きたくなるよね~





プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。