09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千の風になって

PICT0009yuki0707224.jpg


父の危篤の知らせを聞いて、実家へ帰っている間に

ゆきが逝きました


先生から 知らせが入ったのは、父が亡くなった翌日の朝

納棺式に向かう、車の中でした


急いで帰ることになり、ゆきを病院へ預けることにしましたが、

弱っているゆきを心配して、先生が自宅で看てくださることに

なったのです


あまりにも、早すぎる死でした・・・私にとっては


父の葬式が済んで、慌しく、東京へ戻りました


   病院で、ゆきは冷凍保存されていました


驚いたのは、ゆきは、倒れるように死んでいたのではありませんでした


肘をつき、頭を上げて、伏目がちに目を開き、

穏やかな表情で、まるで生きているようでした

よく、猫タワーの上で、そんなふうに座っていたように・・・


   まるで、スフィンクスのように、美しい姿でした 


苦しまずに、眠るように、逝ったのだと思います


せめて、ゆきだけは、最後のときはそばにいてあげたかった


ゆきとの12年間

私にとっては、掛け替えのない日々でした

どんなに どんなに、ゆきのことを愛していたか


  今はただ、涙が枯れるまで泣くだけの日々です


今まで ゆきを応援してくださった、みなさま、

ありがとうございました

みなさまの温かいお気持ちをいつまでも忘れません



     ゆきは、千の風になって、

     自由に空を駆け巡っていると思います

     みゆと 一緒に












  


スポンサーサイト

はじめまして

昨日、高橋君の話題を探してブログ巡りをしていたところ、こちらにたどり着きました。
可愛らしい猫ちゃんに見入ったら、みゆちゃんという猫ちゃんが7月2日に亡くなったとの事、
愛猫がその8日前に腎不全で亡くなったことともあり、つい気になって一気に全部読ませて頂きました。泣きながら。。
そして、ゆきちゃんには一日でも長く生きて欲しいとと思い、コメントを差し上げようと再び訪れたら…
ショックです。本当に…。
涙が止まりません。

はいちゃんこさんがおっしゃるように、
きっと今頃は、みゆちゃんゆきちゃん共に
元気に走り回っていると思います。
そして私の愛猫もきっとどこかで。。。

お父様の悲報に続きご不幸が重なってしまい、さぞお辛いでしょうが、
どうぞ体調を崩されませんように。。
突然に失礼致しました。



ゆきちゃん、旅立ったのですね。
私もまだまだ頑張ってくれると思っていただけに
本当にびっくりしました。
ですが最期の姿、男らしくそして本当に
苦しまなかくて良かったです。
お父様が力を貸してくれたのでしょうか。
お父様も亡くされて今はただ寂しさに
胸が張り裂ける思いでいるかと思うと
何もしてあげることが出来ないのがもどかしいですが
ゆきちゃん、みゆちゃんとの絆は永遠ですもの。
あまりにもひとりが辛いときは
仰ってくださいね。
ぜひお茶でも一緒にしましょう。

訃報にびっくりしました。
そして、はいちゃんこさんの悲しみを思うと、私も涙がこぼれてきます。みゆちゃんを亡くされて間もないのに、、、
お父さんとゆきくんもだなんて、、、
なんといって、お慰めしてよいのか・・・
はいちゃんこさんが私を慰めてくださった「泣きながら、でも時々笑いふんばる」の言葉。
まだ、ちょっと早いですね。。。
今は、思いっきり、泣いたほうがよいですよね。
辛い時、辛いって、泣いたほうがいいです。
それにしても、ゆきくん、苦しんでいなかったことがせめてもの救いですね。
みゆちゃんも、ゆきくんも、本当に綺麗な子供達でしたね。
真っ白で、とっても綺麗でかわいかったです。
はいちゃんこさんは、もちろん、私を含め、ブログ仲間の皆さんの心の中に、しっかりと生きていた証が刻みこまれています。
きっと、この世で、幸せな子供達だったと思いますし、おそらく虹の橋で二人仲良く、一緒にいますよね。
あっでも、また、ゆきくんのお気に入りの場所に、みゆちゃんが侵略していく感じでしょうかね。
今は、静かに、ご冥福をお祈り申し上げます。
はいちゃんこさんも、お力落としでしょうが、、、
なんとか、ふんばって、まずは、時々笑えるようになることを心からお祈りしてます。

ゆきちゃんのことは小太母さんから
お聞きしていました。
そしてはいちゃんこさんの報告も読んでいました。が 
とても言葉にすることが出来ず今日になってしまいました。
でもやっぱり何も書けません・・・
どんな慰めの言葉もきっとはいちゃんこさんの心を安らかにはしないでしょうから
今はただお父様とゆきちゃんのご冥福をお祈りするだけです。
ただ時間という 優しい薬が癒してくれるのを信じて

ごめんなさい、言葉がありません。
猫達、お父さんと立て続けに失ってしまうなんて残酷です。
ご冥福をお祈りします。

みなさまへ

みなさま
温かいコメントをありがとうございました
お返事を書かなければ、と思いつつ、読み返すたびに
泣けてしまい・・・遅くなってしまいました

いつか来る日だと覚悟していたものの、父とゆきが
続けて逝くとは思ってもいませんでしたので
大変ショックでした

あまりにも悲しくて、ゆきの死は伏せたまま、
こっそりブログを閉じてしまおうかと思いました

でも、ゆきとみゆの思い出や、みなさんからの
優しいコメントが沢山詰まっているこのブログ
今は読み返すのもつらいけれど、
もっと時間が経ったら、懐かしい思い出の
記録になるかも・・・と考え直しました

とりあえず、続けていこうかと
思っています

いつか、ゆきとみゆの生まれ変わりに出会えたら、
また、このブログでご紹介したいと思います。

ララさん 

はじめまして
せっかく来ていただいたのに、
湿っぽい話になってごめんなさいね
ララさんも、猫ちゃんを亡くされたのですね
生きているときは、いてくれるのが当たり前だったのですが、
いざ、いなくなってみると、如何にその存在が大きかったか、
思い知らされますよね

今はまだ、家にいるとめそめそして
しまうので、なるべく家にいないようにしているんです

高橋君のファンですか?
12月には、高橋君から元気をもらいに、
会いに行こうと思っていますが
このブログでご報告できればよいな、と思っています
よかったら、またいらしてください

泣きながらでも、歩いていかなければならないな、
と思うこの頃です



Ganbarunekoさん

ゆきのときも、最後にそばにいてあげられなくて、親としては
失格だなあ・・・と反省しています

朝、病院から帰ってきて、またすぐに籠に入れてタクシーに
乗ったとき、籠の中でおとなしくしているゆきに、ちゃんと
説明をしてあげることができませんでした

死んだという知らせがあって、会いに行くのも遅くなって、
会ってみれば、まるで剥製みたいな状態だったので・・・
頭ではわかっているのですが、気持ちとしてはまだゆきが
死んだ、という実感が持てないでいます

本当に後悔ばかりです
Ganbaruさんには、いつもいろいろな
助言をいただいて、不勉強な私にとっては、
本当に貴重で、ありがたいことでした
心から感謝しています
ありがとうございました

ゆきみゆは、また帰ってきてくれるかな、
それとも、愛想つかされたかな、・・・と思いながら、
それでも待ってみることにします

ミーハー狸さん

何があっても、出て行かなければならないところがある 
というのは、よいことかもしれません
仕事をしていて、つくづくよかったと思います
会社では、違うテンションでいられるので、元気に
笑ったりもできるんです

でも、家に帰るとだめですね~
「ゆき~」と泣きながら家の中をふらふらして
います(笑)とても、他人には見せられません

一人で外出するのは全然平気だし、家に誰かいるのは
うっとおしいのですが、ゆきみゆがいないのは
とても寂しいです

泣きながら、時々は笑う・・・
しばらくは、私もそういう生活です


ままりんさん

ままりんさんも、同じ悲しみを体験をなさったのですものね
今は、陽菜ちゃん、未来ちゃんが、
癒してくれていますね

猫を失った悲しみは、やっぱり猫を飼うことでしか癒せない、
というようなことを 誰かが言っていました

私もそう思います
みゆを引き取ったとき、ゆきのように愛せなかったら
どうしよう、と思ったことがありました

でも、ゆきもみゆも同じように愛せるようになったし、
愛情に限界はないんだなあ、とつくづく思いました

いつの日か、ゆきとみゆのように愛せる猫たちに出会えると
思います
そのときは、またブログでご紹介しますね
それまでは、陽菜ちゃん、未来ちゃんを見て
我慢することにいたします(笑)




ヨッスィーさん

何だか、今年は大殺界(この字でしたか?)に入っている
らしいです
たて続けで、正直言ってかなり凹みました・・・
みゆのときに一生分泣いたと思ったのですけれどね~

でも、家ではめそめそしてますが、
会社では、チャイちゃんを見て笑わせていただいております

Ganbaruさんところの3ニャンと
ヨッスィーさんところの凸凹コンビ

癒されに行きますので、猫ちゃんたちに、
よろしくお伝えください

Secret

プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。