11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Theater on Ice 2006

有明コロシアムの特設アイスリンクにて、
3月4日(土)と5日(日)に開催された、
フィギュアスケートのショーを見に行きました。

オリンピックの金メダリスト、荒川静香さんやロシアの
プルシェンコさん、ペアの金、銅メダリスト、
その他、過去のメダリストやプロで活躍する選手が
多数参加していました。

以下にその模様を、報告します。

4日(土)

13時30分開演予定。
しかし13時に会場に着いた私の眼前には、溢れんばかりの
人人人・・・会場はすぐそこなのに、入場するのに30分も
かかってしまいました。

20060305210016.jpg


何しろ、誘導する人がいません。
メガホンで叫んでいる人は何人かいましたが、
歩道橋から入り口まで続く通路で、どんどん膨れあがり
身動きできなくなっている人ごみを、誰も誘導しない
のです。

それでも、二重の列を作って、何とか規律を維持しようとして
いた私たち観客でしたが、開演予定時間が迫った頃に、
突然、その列も崩壊、一斉に入り口に押し寄せるという
結果に・・・よく死人がでなかったなあ

会場内でも、トイレに並ぶ列とパンフレットを買う列が
入り乱れ、押すな、押すなの大混乱。

主催側は、この状況を予測できなかったのでしょうか。
慣れてなかったのかな。
警備、誘導に関する不満の声はあちこちで聞かれました。

結果的に、開演は予定より30分ほど遅れました。
まあ、とにかく、無事に始まったのでした。

この日はフジテレビの録画が入っていましたね。
何しろ、SS席7列目、1番の私の席は、
フジテレビの録画スタッフがいるブロックの
仕切り隔てたすぐ隣。
つまり、私がいたGブロックは、舞台のほぼ正面に
当たるわけです。

オリンピックの歴史をナレーションと群舞で綴りながら、
メインの出演者が順番に現れるという趣向。
最初に出てきたのは、スルヤ・ボナリー!
懐かしい!
フランス代表で長野のときに出てましたね!
フィギュアの世界でも珍しい、黒人の女性スケーター。
禁止技のバック転、今回は存分に見せてくれました。

それと、これも懐かしい、アイスダンスのフランス代表だった
アニシナ&ベーゼラ組!
どうしているのかと思っていました。

ベーゼラさんの黄金の長髪、いまだ健在でしたか!
相変わらず、息の合った、妖艶な演技、
素晴らしかった!

ショーは三部構成になっていて、一部では挨拶代わりに
メンバーが少しづつ滑りました。
プロに転向した本田さんとか、ジュニアの入賞者とか
ユーモラスなプロの演技など、いろいろありましたが

やっぱり、何と言っても高橋クン。
速いじゃない!すごい飛んでるじゃない!
どーして、オリンピックでその実力発揮できなかったかなあ!
でも、彼、やっぱり二部(三部だったか?)転んでましたが
そして、最後に荒川さん・・・綺麗でした、優雅でした。
・・・と溜息のうちに一部が終了したのでした。

まだ続く!




氷の整備で25分ほど休憩したあと、
二部が始まりました。

今度は各選手の演技をじっくり見ることができました。
さすがだねえ~のプルシェンコさん。
やはり彼はチャンピオンに相応しい。
あの高いジャンプ、高速回転、自在なステップ、
どれをとっても一級品

でもでも、やはり私は高橋クンにク・ギ・ヅ・ケ
黒い衣装の高橋クンは体型も身のこなしも実にシャープ!
「エロカッコイイ」と言われるにはまだまだですが・・・
大いに期待できます。

最後はやっぱり荒川さん。
あれはトリノのエキシビションでやった演技だと思います。
トリノのときもそうでしたが、今回も彼女の演技を
見ながらうるうるしてしまいました。
イナバウアーが出ると大歓声!
私はただ、涙、涙・・・

三部は、ショートストーリー仕立てで、やはり全員が参加。
酒場に集う人々・・・というのが、出演者たちで。
ふらりと現れたプルシェンコさんと安藤美姫さんが
カップルを演じるという演出も。
高橋クンが三角関係のもつれ?から
恋敵?に射殺されるという演出もあり。

で、最後は全員で滑りまくってフィナーレとなりました。

20060305210032.jpg


初日の終演後・・・この日は夜の部もありました
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。