04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界選手権が終わって

黙ってスルーしようかと思ったけれど

やっぱり 少しだけ触れておこうかな~ この話題


フィギュアスケート世界選手権


女子は、久々に安藤さんが三位獲得で 表彰台に復帰

四位の浅田さんは残念でしたが

キム・ヨナさんが予想以上の出来で、金メダル

文句なしの素晴らしい演技でした



男子は・・・

高橋大輔クンが欠場しているので、テンション上がらず

結果しか見ていないのですが


四回転を回避して、無難にまとめた小塚君

四回転をようやく成功させて 感涙した織田君

オリンピック出場枠を3つ確保したものの、

メダルには届きませんでした


今さらながら、痛烈に思います

高橋大輔クンだけだったんだ

男子で、世界のレベルについていけた人は


四回転のような大技に挑むか、

完成度で勝負するか、

そのどちらを選ぶか、という


今の日本男子は、まだその地点にいる


でも、昨年の高橋クンは、四回転を二回決め、

技と表現力の完成度においても、

世界の強豪と 対等に渡り合ってきたのだ


昨年の世界選手権では、四回転が決まらず、

ジャンプミスなどもあり、メダルを逃した

モロゾフコーチから、四回転を回避するように言われたのに、

彼は、敢えて 挑戦した


その判断を批判する人もいるかもしれないけれど

私は、支持しています


彼が今の小塚君の立場だったら、回避もあり得ただろうけれど


でも


高橋クンは 世界レベルで戦っている人だから

高いレベルで戦うことを 運命づけられている人だから


安全策とは言え、妥協することは、

「上位ランク選手」としてのプライドが許さなかったのだと思う




キム・ヨナさんが韓国の至宝というなら

高橋大輔こそ、日本フィギュアスケート界の至宝と言える

何年に一度、生まれるかどうか、という逸材なのだから



彼のいない世界選手権なんて、

昨年の今頃は 想像もしていませんでした


私にとっては

いつの間にか終わってしまった・・・という感じの

今年の世界選手権でありました








スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Secret

プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。