10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋クンへ

高橋大輔クンの怪我を知ったのは、昨年の11月5日でした

右膝の靭帯損傷

モロゾフコーチとの決別 という試練の後に、

追い討ちをかけるように襲った、更なる過酷な試練

手術、そして、長いリハビリ生活・・・



唖然として、成すすべもなく、落胆した 私たちファン

でも、一番、ショックを受けている彼に

何も言ってあげられない、何もしてあげることができない、

というのが、辛かったです 本当に


「氷上での練習を始めた」 と ブログで本人が報告してくれたのは

つい最近のことですが

6月14日に復活?という噂も聞き・・・


嬉しい・・・ことは嬉しいのですが


焦ってない?無理してない?本当に大丈夫なの?

って、心配の方が大きい


高橋クン、オリンピックの強化選手に入っているんだよね、たしか


オリンピックに出たい、というのは勿論、本人の希望だと思うけれど、

「出したい!」 という 何ていうの、

組織?協会?の希望も勿論あるわけよね


「オリンピックには、何とか間に合わせて」 みたいな



オリンピックで優勝して、引退


というようなことを、言っていた高橋クンだけれど



私は、オリンピック以降も続く、彼の人生のことを考えてしまう



スケートを止めてしまうのかしら

それとも、プロとしてやっていくつもりなのかしら

振付師の仕事をしたい、と言っていたこともあったよね


ファンの身勝手な希望だと言われても、


私はやっぱり、氷上にいる高橋クンを もうしばらく見ていたい

世界選手権で、金メダルという目標も、まだ達成していないでしょ


オリンピックだけじゃない、他にももっとやることがあるはずだから


だから、本当に、自分を一番大切にして、慎重に戻ってきてください


ファンのためでも、スケート協会のためでもなく、


自分自身の未来のために



トリノ以来、ずっと応援してきたけれど


より熱心なファンになったのは、


「ロクサーヌ」  の演技を見てからだったかな


まだ、20歳そこそこの、素顔はまだまだ子供っぽかったのに



なに  あの全身から迸る 超絶「オーラ」  と 「色気」


繊細な指先から、黒ヒョウのように滑らかにしなる身体


標的を見据えるような、鋭く強い視線


半端じゃない 迫力と華麗さに圧倒されて 魂 もってかれましたね



もう一度、「ロクサーヌ」を 


」の彼の演技で 見てみたいです



何であれ、母のような気持ちで、これからも 見守っていきますよ






スポンサーサイト
Secret

プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。