07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋

先日、二ヶ月ぶりに美容院へ行って

にーさんからまた本を三冊借りてきました


前回借りた三冊は、一週間で読んでしまったけれど

今回も、早そうだな~

借りて、三日目だけれど、もう二冊目に突入しているので


全部読んでから、感想など書いてみたいと思います


それとは別に、恒例の「鬼平シリーズ」始まっていますからね~


これはですね、年に一回、池波正太郎氏の「鬼平犯科帳」シリーズを

続けて読破する、という行事で


文春文庫版で、1巻から17巻まで持っているんです

もちろん、その後のシリーズもあるんですけれどね

ま、今のところ、17巻が、私の終点です


1巻の扉に、「1981.9.5」と、購入した日付が書いてあります

だから、もう30年? になるのかな

30回も、17巻を読み返している、っていうのが我ながらすごいな、と


そんなに何度も読み返していても飽きない、

しかも、毎回、おんなじところで泣くんだよね

さすが、稀代の名作だけあるわ~


この「鬼平」にはコアなファンが多いと聞きます

「鬼平検定」なるものもある、と聞いたことがあるし


テレビ放映も人気があるそうですが、

私は、原作から入った方なので、自分の抱いているイメージが強すぎて、

うーん、どの役者もぴったりこないんだよね


でも、あえて役者を選ぶなら、なーんて、考えたこともあったけれど



だいたい、原作から入ると、映像化されたものに満足できないんだよね

やっぱり、違う、って思ってしまうし



でも、映像から入って好きになったものもあります


平岩弓枝氏の「御宿かわせみ」


沢口靖子さんが るい を演じたテレビ朝日のシリーズ


このシリーズの配役は、どれも当たり役だったと思うし、

原作を読んでいる時は、完全にあの配役が頭の中にありましたね


このシリーズは図書館から借りて、置いてあった全巻を読みましたけれど 

まだ、続編が出ているらしい 

続きを読むなら、また1巻からちゃんと読みたいと思います



というわけで、読む本がたくさんあって、とても楽しみです



お好きなものを どうぞ!

100819_2114~01

ペプシ・ネックス についていた おまけ 


宣伝の影響で? ウィスキーのソーダ割を飲んでましたが

ふと、コーラで割ってみたくなって

私の青春時代は「コークハイ」と呼んでおりましたが 今でも言うのかな?


で、コカ・コーラを買いに言ったら、それが同じ値段で、特売していた


おまけ付きだし そういや、ラルクさんも宣伝してたし


と、納得して 購入


いや、でも、若い頃はさ、そういう飲み方って、邪道だと思ってました

オン・ザ・ロックで飲むことが多かったですね


でも、今は、基本カクテル志向なので

それに、すっかりお酒に弱くなったしね


コーク・ハイ  いまや、すっかりはまっています


好きに、自由に楽しむもんだよね お酒って


また、会いたい

先々週のTBS「王様のブランチ」で

霊感の強い女性マンガ家が、自分の霊体験を作品にしている、

という特集があったのですが

ごらんになった方、おられるでしょうか


ふうん、と見ていたのですが、

愛猫を亡くして悲しんだ著者が、「お願いだから帰ってきて!」と

泣いて訴えたら、ある夜、その猫の霊が来てくれた・・・

というくだりで、真剣に見てしまった



その話には実は、オチがあって


猫の霊だと思って、ずっと添い寝していたが、

実は、愛猫ではなく、知らないおじさんの霊だった


・・・と言う話だったのね


ええっと思ったけれど・・・その人、霊感が強いのに、

どうして、すぐにわからなかったんでしょうね?


私も、みゆが死んだ後、毎晩大泣きして、

「お願いだから、帰ってきて!」と必死で祈りました

そして、ある晩、みゆが来てくれたのですが、そのときのことは

2008年4月22日の「夜の訪問者」で ご紹介しましたけれど


私、霊感強くないです でも、


あれは、間違いなく、みゆでしたよ


小学生の頃、ほとんど毎晩のように金縛りにあっていました

いつも耳元で、誰かが囁いていて、その後ろで、叫んだりわめいたりする

たくさんの男女の声がして


そのすごい大音響に、頭が割れそうになって、必死で目を覚まそうとしました

毎晩、寝る前に、どうしたら、金縛りにあわないか、

どうやって、金縛りを解けばいいのか、必死で考えていました


今は、ほとんど、ありませんけれどね


たま~に金縛りにあって、不思議なものを見たりすることはありますけれど


霊感は強くないです

霊は信じていますけれど、見たくはないです

怖がりの弱虫なので、頼られることはないと思いますが


出てこないでください!!



でもね、みゆにはまた会いたいです

ゆき、みゆ、しんちゃん なら、いつでも会いたい


あの子たちだけですからね


へんなおじさん、とか 来ないでください!!

イケてるにーさんのこと

いつも 私に本を貸してくださる

美容院のにいさん


先日お借りした三冊も、すごく面白くて、すぐに読んでしまいました


せっかくですから、ご紹介しておきましょう


道尾 秀介 著 「背の眼」 上・下巻

柳 広司 著 「ジョーカー・ゲーム」


前者は、推理小説・・・ミステリー?

「ホラーサスペンス大賞」で特別賞を受賞したそうですから

その手の分野なんですけれど

ま、途中、ちょっと気味悪い、というか 怖い・・・と言うか

ま、広い意味で言うと、「霊」が関係する話で


怖がりの私には、ちょっと苦手なんですけれど


でも、ストーリーの面白さに、「こわ~」とぼやきながら

二日で読んでしまいました



後者の作品は、私的には ツボ でしたね


戦時下、日本の軍部内に密かに置かれた スパイ組織の話で



スパイたちのミッションを描いた五話の短編集です


う~ん、本当に、こんなのあったのかな?

なんか、あっても不思議ではない気がするけれど

史実に基づいた、創作?


ま、「007」とは全くタイプは違いますけれど

実際のスパイって きっとこんな感じなんだろうな、と思いました


やっぱり、男性が面白い、と思う本って 女性が選ぶのとちょっと違うけれど

なかなか出会う機会はありませんから

こうして、出会うきっかけをくれる にいさん には感謝です!!



今までお借りした本は どれも面白かったし

ボクシングの話とか、ロードサイクルの話とか 

私の知らない世界を垣間見ることができて、ちょっと見聞が広がったと言うか

その予測できない未知との出会い、その意外性がとても、楽しいのです



にいさんは、常識のある人だけれど、独特のこだわりを持つ個性的な人で


その個性的なライフスタイル? は、にいさんのブログ


右のリンクにある「ワイルドハーツの公園の片隅から」を読んでいただければ

よくおわかりかと 思います


本当に面白い人なんですよ~



そういえば、にいさんに、「うちのブログにリンク載せたから」って

事後の承諾を得ておいて、

私のブログは教えてないんだよね~



だって、恥ずかしいんだもん

大ちゃんだの、大野さんだの 嵐さんだの

ミーハーな話ばかりだしさ~


あ、でも、ほとんど喋っているから、バレバレか・・・



でもさ、にーさんをべた褒めしているから、

やっぱり、それも恥ずかしいわけで


ははは ごめんね  にーさん やっぱり 内緒




7月に思うこと

気がつけば、7月も最終週に突入

暑い、だるい、とぼやきながら、瞬く間に過ぎていった日々


7月2日は みゆの命日で、7月5日は かのんの誕生日

百合の花を見るたび、みゆのことを思い出し、やっぱりいつでも泣けるのですが

私を呼ぶ かのんの声に、やっぱりこの子はみゆの生まれ変わりなんだ、と

そう思うことで、自分を納得させています

みゆにしてあげられなかったこと もっとしてあげたかったこと 

かのんに たくさん、たくさん してあげたいから



それにしても、いつまで続く、この暑さ

今朝、暑くて4時半に起きましたが、室温計はすでに33度でした

さすがにクーラーをつけないと、部屋が蒸し風呂状態になるので

クーラーを弱めにつけて会社へ行くのですが

その「弱さ」の調節が微妙に難しい

外の気温が35度だから、28度設定でもかなり涼しいはずだと思っていたら

帰ってきて、「何暑い」と焦ることもあり


さすがに かのんふうが もバターになりそうな状態?

猫は、かなりの暑さにも耐えられる、とか聞いたことあるけれど

本当なのかな?

育った環境によるのかな

冬は寒がりの癖に、夏は冷房好きなふうが と

冷房をつけると、ついてない部屋へ移動する かのん


どーすりゃいいんだ、と迷いながら、温度設定に悩む日が続きます





プロフィール

はいちゃんこ

Author:はいちゃんこ
猫がいないと、元気になれない
ミーハーなおばさん

元気印の猫は、かのんとふうが
マイ・プリンスは髙橋大輔クン

かのん
2007年7月5日生まれの女の子
元気印の甘えん坊
ちょっと「やぶにらみ」で
麿(まろ)眉の
愛嬌のあるお顔です

ふうが
2007年9月21日生まれ(推定)
の女の子
シャイで無口ですが、意外にお転婆
すらりと長い尻尾がチャームポイント

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

***

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

猫カレンダー

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

猫*フィギュアスケート関連



****

この子たちに愛の手を!

*****

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。